【新作入荷!!】 angereve クリアパーツのピアス tone クリアピアス クリア ピアス ピアス

【新作入荷!!】 angereve クリアパーツのピアス tone クリアピアス クリア ピアス ピアス
【新作入荷!!】 angereve クリアパーツのピアス tone クリアピアス クリア ピアス ピアス

新品未使用 上品クリームゴールド玉 サークルピアス

商品説明

購入しましたが1度しか使いませんでした。
自宅保管になりますのでご理解のある方のみご購入お願いします。

since2015年2月に誕生したangereve*日常に少しのときめきをそえられますように。そんな想いを込めて母と娘で日々製作しています。レジンビジューフラワーなどを使いパーティや普段使いまで幅広くお使いいただけるアクセサリー達です。

定価:2400円
※箱は付きません

商品情報

カテゴリ レディース
› アクセサリー
› ピアス
サイズ なし
商品の状態 未使用に近い
配送料の負担 送料込
配送方法 未定
発送日の目安 支払い後、4~7日で発送
発送元の地域 福岡県
フープ ピアス 16mm 2個 ゴールドリング ステンレス メンズ レディース

【新作入荷!!】 angereve クリアパーツのピアス tone クリアピアス クリア ピアス ピアス

DIRECTOR’S INTERVIEW

【Cath Kidston】キャスキッドソン Continental Zip wallet 財布
成功しようが失敗しようが、
作らなければならない映画だった。

—この映画を撮ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

 ネイティブアメリカンの保留地には固有の問題があるのに、それがほとんど無視されている。それで僕がようやくそうした話に声を与えることのできる立場になったから、映画化を実行したんだ。

【JIL SANDER】ノースリーブワンピース

 現代の西部開拓地域は、人としての僕たちアメリカ人が何者なのかを雄弁に語ってくれる。アメリカは新しい国だ。ごく最近になって入植した地域であり、その入植と同化の結果が今日でもはっきりと存在していることがわかる。これまで映画では直視されてこなかったことだ。だからこそ僕はそれを模索したいと思ったんだ。

—3部作の最終作となる『ウインド・リバー』で監督の役割も担おうと考えたのはなぜでしょうか。

 この作品は成功しようが失敗しようが、作らなければならない映画だった。そして、苦しみを背負ったネイティブアメリカンの友人たちに対する敬意という点から、何を語り、どう語るべきか、僕が完全な責任を負わなければならない映画だった。他の監督が同じ展望を持って取り組んでくれるかどうか確信がなかったら、僕が監督を務めたんだ。

—撮影のためにどのようなリサーチを行いましたか。

 保留地の人々と仲良くなって、彼らを訪ね、話を聞くことだった。先住民ネイティブアメリカンの人たちとたくさんの時間を過ごし、彼らの話が世間に無視されているのを目撃した。つまり彼らの世界で暮らすということが、僕のリサーチの方法だったんだ。

—ネイティブアメリカンのコミュニティもこの映画に関わったのでしょうか。

★関税込 Drew House ニットキャップ secret 入手困難品

—プロダクション・ノートでアラパホ族とショショーニ族に感謝を捧げていますね。本作にとっての彼らの重要性、あるいは貢献について説明してください。

 彼らはこの映画を受け入れてくれた。彼らの部族の旗や紋章を、無償で使わせてくれたんだ。本作の世界に命を吹き込むために、とても協力的だった。だから、せめてプロダクション・ノートで彼らに感謝を捧げたかった。

—ルイジアナのチュニカ‐ビロクシ族との仕事はどうでしたか。

 とても実りあるものだったよ。この映画を支えてくれて、出資もしてくれた。彼らの援助を得たことは、製作者たちにも僕にとっても、とても重要なことだった。チュニカ‐ビロクシ族は創作について僕を信頼してくれて、出資で僕を支えてくれたんだ。

—主人公コリーのキャラクターは、どこから着想を得ましたか。ジェレミー・レナーをキャスティングした理由も聞かせてください。

 僕は狭い視野に陥るのではなく、悲劇から前に進むという考えにとても引かれたんだ。そのことをキャラクターを通して模索したかった。また、保留地での女性に対する圧力や暴力を、リアルに見る方法を観客に与えたいと思った。ジェレミーの役については、力強さと傷つきやすさが実にユニークに混在している。この役にふさわしく、激しい怒りと繊細さを持つ俳優が必要だった。ジェレミーは見事にそこを捉えているよ。

—ネイティブアメリカンのキャスティングについては、どのようなアプローチを取ったのでしょう。俳優ではない人や保留地に実際暮らす人と仕事をしたのですか。

 数名はそうだね。マーティンの妻でナタリーの母、アニーを演じた女性はこの映画のエキストラだった。僕はロケ地で彼女に出会い、話をしてみて、彼女と身内がこの映画と似たような経験をしていることを聞いた。それで僕はこう尋ねたんだ。「ねえ、この役を演じてくれないか。ものすごく難しいとは思うけれど」。すると彼女はやると答えた。当時の彼女は俳優ではなかったが、今では俳優なんだ。見事な仕事をしてくれた。彼女の演技はとにかく素晴らしい。

—ナタリー役のケルシー・アスビルなど、一般的にあまり知られていない俳優の起用について語ってください。

 映画のキャスティングとなると、自分が作ったキャラクターの本質を捉えてくれる俳優を見つけたいと思うものだ。ナタリー役については、強い精神の持ち主がどうしても必要だった。戦う心を持っていて、しかも希望と若さと愛を表現できる女優だ。ケルシーはそのすべてを持っていた。他の一部の役についても同じだよ。サムを演じたトカラ・クリフォードは実際に保留地で育ち、チップを演じたマーティン・センスマイヤーもそうだ。彼らがよく知る世界で、正確にその役に命を吹き込める人たちだ。

—ご自身の監督としてのアプローチをどのように表現しますか。

 僕は自分を本当の自然主義の監督だと考えたい。リアリズムがとても重要なんだ。世界を正確に捉え、世界そのものをキャラクターのように感じさせたいと努力している。リアリズムは僕たちの生活の中にあるものだから。映画における風景も、僕たちの生活の中にあるものと同じように表現しようとしているんだ。

—あなたは本作を次のようなテロップで締め括りました。「数ある失踪者の統計にネイティブ・アメリカンの女性のデータは存在しない。実際の失踪者の人数は不明である」。この問題を知ったきっかけは何でしたか。

 保留地で過ごしていた時にこの問題を知り、事情を知る数名に話を聞いたんだ。統計については何ひとつない。僕は統計を見つけられなかったし、他の者も何も見つけられなかった。僕は司法省に問い合わせたし、疾病予防管理センターにも問い合わせた。考えつく関係者と片っ端から話をしたんだ。こうした統計を取るのは国の仕事だが、国は自治権のある保留地については権限がない。だから統計を取る人が誰もいないんだ。

テイラー・シェリダンからのメッセージ

 『ウインド・リバー』は、現代アメリカの辺境を探求するひとつのテーマに沿った3部作の最終章です。第1作『ボーダーライン』では、アメリカとメキシコ間の国境で横行している暴力を描き、第2作『最後の追跡』ではテキサス州西部で莫大な富と貧困がぶつかり合う模様を描いています。そのシリーズのカタルシスとなるのが『ウインド・リバー』です。

 本作では、アメリカの辺境と言われる地の中で最も明白なものであり、アメリカの最大の失敗であるネイティブアメリカンの保留地が舞台になっています。登場人物のパーソナルな視点からは、人が悲劇を体験した後に心の整理がつかないながらも前に進んでいく姿を追い、より大きな視点では、人が住むべきではない地に人を強制的に住まわせるとどのようなことが起こるかを追っています。

 そこは地形自体が敵のように向かってくる冷酷な地です。ガンよりも殺人による死亡率が高く、強姦は大人の女性になろうとしている少女にとって通過儀礼であると見なされているような場所なのです。またそこでは、法の支配が自然の支配に屈します。北米の中でこの100年間に最も変化が少なかった場所であり、その少ないながらも起こった変化のために最も苦しんできた場所なのです。

 我々はコリー・ランバートという主人公を通して、この世界に入って行きます。彼は合衆国魚類野生生物局で働くプロのハンターで、3年前に娘を殺されるという悲劇を体験しています。そしてコリーは自分の娘と同じように殺された、十代の少女の殺人事件の犯人を追うFBIの新人捜査官のガイドをするように依頼されます。我々はコリーを通して悲劇の結末について考えさせられます。またコリーを通して、正義と復讐のどちらを選択するかという倫理観のジレンマを体験します。この役を演じるには、威圧的な体つきと今日の俳優には稀な感情的なもろさを体現する俳優が求められます。コリーこそがこの映画の魂なのです。私はコリー役にジェレミー・レナーを選びました。それは、この役柄が持つ力を完全に捉えることができる強さ、深み、迫力を兼ね備えた数少ない俳優のひとりがジェレミーだからです。

 コリーがこの物語の魂であるなら、FBI捜査官であるジェーン・バナーは背骨です。フロリダ出身であるジェーンは、映画の観客同様この厳しい世界をよく知っておらず、観客はジェーンの目を通してこの世界を見ます。この地の広大さを見てください。また、この地の激しさを見てください。我々はジェーンを通して生きるという意志を探求し、生きるための闘いに伴う恐怖を彼女を通して体験します。私はジェーンを、この世界をうまく進んでいくスキルがないけれども、今は精神力のみでなんとか進んでいく人物として描いています。この役には、認識が甘いとか弱いなどといった印象を与えずに経験が浅い人物像を演じることができるような、膨大な知性と強さを兼ね備えた女優が求められます。私はジェーン役にエリザベス・オルセンを選びました。エリザベスにはそれらの資質すべてと、同年代の女優にはない才能とスキルがあるからです。

 今回、これまで私が脚本を手がけたすべての作品でやってきたように、親密な人間関係とドラマが予期しない形で展開される緊張感とアクションで、観客の目を釘付けにすることを目指しました。風景の美しさと厳しさを感じることができる現実味を持たせる撮影の仕方で、この作品にはひとつの動力が生まれました。その視覚効果を最大限にするために、撮影監督としてベン・リチャードソン(『きっと、星のせいじゃない。』『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』)を選びました。ベンが手がけた一連の作品は、風景がもたらす効果を高める自然主義を維持しながら、風景の感情を捉えるという奥深い能力を証明しています。この手法は、脚本に内在するもの以上に緊張感を高めます。

 そのようなアーティストたちをチームに迎えた本作は、この地の美しさで観客の目を釘付けにするとともに、この地の激しさで観客に衝撃を与え、映画の終局で待ち構えているカタルシスへと導いていきます。『ウインド・リバー』は我々がどれだけ進化し、またどれだけ進化を遂げていないかについて考えさせます。また人間の精神の強さを探求し、人間が住むはずではない地で人間がどのように生き残るのかという問いを投げかけます。そして勇敢さと感情でその問いに答えるのです。


CAST
コリー・ランバート…ジェレミー・レナー
ジェーン・バナー…エリザベス・オルセン
マット…ジョン・バーンサル
*Fred Perry* グラフィック ロゴ Tシャツ
ナタリー…ケルシー・アスビル
ベン…グラハム・グリーン

★すぐにお届け★【SAMANTHAVEGA】マリンモチーフトートバッグ
監督・脚本… テイラー・シェリダン
製作
ベイジル・イヴァニク
ピーター・バーグ
エリカ・リー
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ニック・バウアー
ニコラス・シャルティエ
ヴァンサン・マラヴァル
音楽 … ニック・ケイヴ ウォーレン・エリス
☆お得なセット☆ Wet N Wild "Wild Crush" Lip Kit
編集… ゲイリー・D・ローチ
プロダクション・デザイン …ニール・スピサック
衣装… カリ・パーキンス

【新作入荷!!】 angereve クリアパーツのピアス tone クリアピアス クリア ピアス ピアス

heather - ヘザー、サッシュベルト、黒。新品タグつき。

【新作入荷!!】 angereve クリアパーツのピアス tone クリアピアス クリア ピアス ピアス